感染管理看護師の仕事

感染管理看護師とは、主に病院等の医療機関で、医師や薬剤師等と院内感染対策チームや委員会を構成して、看護業務や病院内の院内感染防止、感染症対策を行うことが仕事内容の専門看護師です。

メニュー

感染管理看護師の仕事内容について

感染管理看護師,仕事内容

感染管理看護師が行う感染管理とは、保健医療施設にいるすべての人を感染から守るための活動で、核施設の状況に合った効果的な感染管理プログラムを構築し、実践していくことが求められます。 例えば、感染リンクナースへの情報提供やハンドソープや手袋のなどの感染防止防具の設置計画、保管管理や患者、スタッフへの指導教育などです。 また、感染管理看護師の重要な仕事内容として、感染症が確認されたときの対応をまとめた院内マニュアルの作成があります。それぞれの病院や施設で、適切に対策が行えるよう、理解・活用がしやすいマニュアルを作ることが求められます。そのために、見やすく分かりやすいレイアウトを考えたり、具体的な対処方法を細かく定めていき、指示通りの対応をすると感染の広がりを防げるように医師や看護師などと対策を構築していきます。 患者やスタッフを感染から守ることを、病院の費用対効果を考えながら仕事を進めることも大切です。不必要な物を見極め、省いたり、必要なところにコストをかけていく決断をするのは、大変責任が重く、やりがいのある仕事です。日々の実践や安全機器の活用度チェックなどをこまめに行うことも、問題を大きくせずに、早期発見、早期介入するための大切な業務です。 553

病院には感染管理看護師を含める感染症対策チームがある

感染管理看護師,仕事内容

病院には様々な症状を持った方がいらっしゃいます。 骨折や切り傷などの怪我から風邪やインフルエンザなどウイルスによる病気など、様々です。 何かを治そうとして集まっているので当たり前なのですが、ここで心配になるのは感染症です。 インフルエンザなどは空気で感染してしまうために一緒の室内にいると危ないです。 こういった問題を防ぐために病院には感染管理看護師という方がいらっしゃいます。 インフルエンザだけでなく他にも多くの感染症があるので、それを防ぐために感染管理看護師を含めた対策チームというものが作られています。 いかに感染症を防ぐか、とても重要な役割をしているので、感染管理看護師になるには特殊な資格が必要となります。 必要な資格とは感染症看護専門看護師および感染管理認定看護師です。 これらの資格を持っている人が日本看護協会から感染管理看護師として認定されます。 病院に行く時は何か体調を崩して病院に行っているので他の病気に対する免疫が弱まっている場合が多いので、このような方々が頑張っているおかげで病気を治しに行ったのに違うものにかかってしまったなどの病院での感染症というものが少ないですし、安心して病院へ通うことが出来るのです。 554

更新履歴

555